So-net無料ブログ作成

<嘱託殺人>「苦しむ父、見かねた」容疑の少年(毎日新聞)

 大阪市鶴見区のマンションで12日、少年(17)が病気の父親(44)を殺害した容疑で逮捕された事件で、父親が少なくとも数カ月前から、少年に「しんどい。殺してくれ」と殺害を懇願していたことがわかった。また、大阪府警鶴見署によると、少年は父親からの殺害の依頼に従った理由を、「父親が苦しむ姿を見るに見かねてやった」という趣旨の言葉で説明しているという。父親は肝臓を患うなど最近になって体調を悪化させており、同署は、体調に悩んだ父親が少年に繰り返し殺害を頼んでいたとみて、さらに詳しく調べている。

 父親の知人らによると、父親は体調の悪化で、最近は寝たきり状態だった。次第に弱音も吐くようになっていたという。父親は今年に入り、近所の飲食店を訪れた際、一緒に食事をしていた少年に「もうしんどい。おれを殺してくれ」と漏らした。これを聞いた店の経営者がすぐに「大事な息子に何させるんや」とたしなめたという。【安藤龍朗、向畑泰司】

 ◇母は数年前に病死

 「(少年は)父親のことがとても好きで尊敬していた。父親にとっても自慢の息子だった」。仲が良かった父子を知る人らは一様にこう話した。しかし、少年は自らの手で父親の命を絶った。

 父親の知人らによると、少年は一人っ子で、母親は数年前に病死した。父親は当時、「(母親を)幸せにしてやれなかった」と落ち込む一方で、「(少年と)2人で頑張る」とも話していたという。父親はこのころから「眠れない」と言って、睡眠導入剤を服用するようにもなった。

 父親と親しい運送業の男性(26)は「とにかく、父親は(少年を)かわいがっていた。小学生のころは我流でキックボクシングを教え、礼儀もきちんとしつけていた」と話す。また、父子が食事のために通っていた近くの居酒屋の店長(40)は「父親はいつも『あいつはええ男や』と息子を自慢した。(少年は)近所の人に会うと、きちんとした言葉であいさつする礼儀正しい子だった」と語った。

 しかし、父親は体調を崩しながらも好きな酒をやめることはなく、症状は悪化する一方だった。近所の住人によると、事件前日の11日夕にも、日本酒3ケースが自宅に届けられていたという。

 事件を知った知人らは少年の動機について、口々にこう推し量った。「大好きな父親がどんどん弱っていくのが、しんどかったんだと思う」−−。

【関連ニュース】
<事件の一報>嘱託殺人:父親殺害で17歳少年逮捕 「頼まれた」と供述
嘱託殺人:68歳男に懲役6年 地裁岡崎支部判決
放火・殺人:自宅に放火、父殺害 容疑の42歳男逮捕
殺人:息子が父ら2人をはね逃走 父の同僚女性死亡 札幌
殺人:父親ナイフで刺し失血死 24歳を容疑で逮捕

<はやぶさ>「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室(毎日新聞)
口蹄疫 宮崎、日向も感染疑い 都城の牛3頭は「陽性」(産経新聞)
国民新、新党日本が衆院統一会派=民主への発言力確保狙う(時事通信)
小沢前幹事長、人事に不満ながらも当面様子見?(読売新聞)
菅首相 「元気が出た」…出身地の山口・宇部を訪問(毎日新聞)

社民党、連立政権を離脱へ(産経新聞)

 社民党は28日夜、党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が罷免されたことを受けて、両院議員懇談会を開き、閣外協力はしないことを確認した。正式には30日に開く全国幹事長会議をへて最終決定する。

 また、同党は「連立政権の在り方について重大な決定をせざるを得ない」などとする声明を発表した。

 昨年9月の連立政権樹立にあたっての与党3党合意を破棄し、連立政権から離脱する方針を事実上固めたものだ。

【関連記事】
「罷免は沖縄を切り捨てること」 福島氏、鳩山首相を批判
鳩山首相、福島消費者・少子化担当相を罷免
「受け入れ難い。サインするわけいかない」社民・又市氏
「こんな総理、かなわんわ…」 鳩山発言に石原都知事激怒 全国知事会議
普天間移設先は「辺野古崎」周辺 1800メートル滑走路 日米が共同声明

<転落>マンション9階から9歳男児、重傷 東京・足立(毎日新聞)
<キャッツ粉飾>会計士の有罪確定へ 最高裁(毎日新聞)
自民、横路議長不信任案再提出も検討(産経新聞)
あなたはどうして痩せたいのですか? みんなの減量目的は...
ごみ箱爆発、乾電池や時計の破片…「時限式」か(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。